いつまで管理が必要か??

ムスメに比べ、不注意はあまりひどくないムスコだが、

最近、これまでできていたことができなくなってきている。

朝のルーティン、帰宅後のルーティン、優先順位付け、片付け、、、

かくいうムスメも、

小さい頃は、日常的なことはきちんとできる子だった。

それが、だいたい4年生を境に、

ポロポロとできないことが目に付くようになり、

それまでは「面白い子」ですんでいたのが、

ADHD、ASDの特性がどんどん目立つようになった。

4年生のオープンスクール(参観日)で、

ムスメの机の周囲(上も下も)がカオスになっていて、

血の気が引いたのを覚えている。

ムスメもムスコも、理由は明白。

年齢が上がり、学年が上がり、

自身にかかる負荷が増えるにつれ、

優先順位の低いことから、どんどん頭の中から消えていくのだ。

同時に、

自分の凸凹をできるだけ平らに見えるよう、

日々神経をすり減らしている努力も、

だんだん及ばなくなり、

特性が目立ってくる。

5年前ムスメが4年生だったころ、

これまで一つ一つ習慣づけして積み上げてきたものが、

音を立てて崩れて行くような脱力感を感じていた。

それがまた、

今度はムスコに始まったのだ。

いつか来るとは分かっていたものの、

いざとなると、

やっぱりしんどいなぁ。

力が抜ける。

先日、月一の病院の際、医師に現状を伝えると、

やはり思った通りの説明を受けた。

そして、「お母さんの管理が必要だよ。」と。

これについて、

私はずっと疑問だったのだ。

一体いつまで、どの程度、

この「管理」は必要なのか??

あれもこれも「管理」していたら、

もっと大人になった時、結局自分で何もできず、

自立できないんじゃないのか?

我が家の子育ては、「自立」を一番の目標にしているので、

これまで「管理」しつつも、

できるだけ自分でできるよう、自分で気づけるよう、

促して来たつもりだ。

でもそれは、適切ではなかったのか??

『先生、それって、いつまで必要なんですか?』

聞くと、医師は少し間をあけて、

「うちのムスコも、もうとっくに社会人だけど、自分の仕事のスケジュール管理が精一杯で、他はできないから実家から離れないよ。」

ほー。

「ムスメも、この子はしっかりしてると思っていたけど、結婚して家を出たけど、家事ができなくて、実家のすぐ近くに引っ越して来たわ。毎日ご飯をとりに来るよ。」

ほほー。

、、、、、要するに、

ずっとってことかーーーーーー!!!

「個人差があるから分からないけどね。」

そう医師は言ったけど、

「完全な自立は難しい」と覚悟したほうがよい

と、私には聞こえた。

「一つから、自分が管理できることを作っていかないとね。」

「今は学校の事、いずれは、仕事や家のこと。」

一つ管理できれば良しとする。

後は、サポートが必要、、、、

家の事をしながら、

旦那のサポート、ムスメの管理一式、ムスコの管理一式

朝から晩まで、

次はこれだよ。これ忘れてるよ。これ片付けて。戸は閉めよう。

明日はこの用事があるから準備しておこう。

身だしなみを鏡で見てみよう。

もう時間だよ。その食べ方おかしいよ。

あぁ私、ずっとこれをやるのか、、、、

医師に言われた。

私もムスメと同じで、

ずっと頭を使っているタイプで、アドレナリンが出っ放しらしい。

いろんなモノに過敏だし、

自分の一人の生活もおそらく大変なのに、

そこに子供2人の「全面管理」をしなきゃいけないとなると、

このままではお母さん、潰れるよ。と。

一週間に半日でもいいから、

副交感神経優位の時間を作るよう言われた。

「山へ行くとか、海に入るとかいいよ。」と言われたが、

実際週一で山に行くとか、今の生活では難しい。

どうしたもんかな。

「周囲の音が雑音に聞こえたら終わりだよ。」と医師。

『先生、その段階はすでに来ています。』

「何とかしないと、そのうちザザザーしか聞こえなくなるよ。」

こわ( ゚Д゚)

とはいえ、

いつまで、どこまで管理すればいい??

という疑問は解消した。

とりあえず、ずっと、全面的に(練習はさせる)

物理的にはきついけど、

精神的には、開き直ってやるしかないから、

やりすぎると自立できなくなるんじゃないかとか

葛藤しなくていい分楽かもな。

ちなみに子供達には、

「600歳まで生きてね」と言われている。

、、、、妖怪だし

600年こき使う気かよ。

でもこの前ムスメに、

「誘導」とか「圧力」とか言われたからなー。

やっぱなんかムカつくなー。

↓ランキングに参加しています。もしよかったらポチッとおしていただけると有り難いです。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です