「空気が読めなくてもそれでいい」


以前から気になっていた本、

図書館でやっと順番が回ってきた。

発達障害まではいかなくても、

いわゆるグレーゾーンの非定型の取説本だ。

漫画で分かりやすいので、

子供達もそれぞれ読んで、「あるある~」と楽しんでいた。

私が読んで思ったことは、

我が家の子供達は、それこそボーダーなんて飛び越してる人達だから、

あるあるはもちろんなのだけど、

子供達より、

私自身に当てはまることがすごーく多いな、ということ。

まぁ、私も、診断は受けてはいないけど、

医師からお墨付きをいただいているので、当然なのだけど。

改めて、あぁ、私もやっぱりそうなんかー。

そりゃなんかずっとしんどいわなー。

とか思ったりした。

もう一つ、

読んで思った事。

「空気が読めなくてもそれでいい」

ことはない!!

ってこと。

自分の環境、

子供達を取り巻く環境、

実体験から考えるに、

やっぱり現実はそう甘くない

発達障害や、脳の作りがそもそも違うよーって人達に対する理解が、

もっともっと広がっていって欲しいけど、

実際は分かってもらえないことの方が圧倒的に多いわけで。

(親であり当事者の私でさえ、分からんことばっかだし)

「生きづらい」とか

「生きるの下手だな」とか思ったとしても、

その中で生きていかなきゃいけないわけで。

となるとやっぱり、

「強さ」とか、「努力」って、

必要だと思う。

頭の作り上できないことを、出来るようになれというのは無理なことだし、

「普通にしろ。普通になれ。」というのもナンセンス。

だけど、だからこそ、

自分の特性を自分でよく把握し、

苦手なところをできるだけフォローする努力や、

周りに説明して理解してもらうスキルは絶対的に必要だと思う。

待っていたって、よほど知識のある人でなければ、誰も分かってはくれない。

それは周りの義務でもない。

自分も、自分の周りの人達も、気持ちよく生きるために、

まずは自分が動かないと。

もちろん、できることには個人差があるから、

自分だけで出来ないことは、

人に頼る、というスキルも大切だ。

それにしても、助けてもらえるのを待っているのではなく、

「助けてください」と言わなければならない。

結局、この本のタイトルで使われている「それでいい」というのは、

「だめじゃない」ってことかなと。

(今更だけど)

自分を肯定する。

開き直るのとは違う。

「空気が読めなくても、だめじゃない。」

「自分を知って、肯定して、そしてできる努力をしよう。」

ってことだよね。

↓ランキングに参加しています。もしよかったらポチッとおしていただけると有り難いです。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です