中3一学期・三者面談

このところ、落ち込んでいた。

何もやる気になれず、

とはいえ、何もしないわけにもいかず。

別に成績が悪かったからではない。

一学期のテストでびっくりする点数をとっていたので、

結果が厳しいことは分かっていたし。

そんなことよりも、

ムスメが盛大にやらかしてくれたからだ、、、。

何からまとめたらいいのか分からないけど、、

簡単に言うと、

ムスメは、先生の前で、

とてもふてぶてしい態度で、

「勉強は親にやらされている。」

「志望校に行けなかったらその先捨てると言われたから、今の志望校に行くしかない。」

「志望校に行って、やりたいことがあるわけではない。」

「やりたいこともやらせてもらえない。」

「すべて親の意思になるように誘導される。」

「従わないと、親の機嫌が悪くなる。」

といったようなことをベラベラとしゃべり、

更には先生の前なのに、

否定する私にくってかかり、持論を展開。

確かに、

ムスメに意思がないから、

勉強方法や、志望校について提案はした。

でも、もちろん、絶対にそこへ行けなんて一言も言っていないし、

常に「あなたの気持ちは?あなたはどうしたいの?」と、

ムスメの意志を引き出そうと試みて来た。

ムスメが内申を落とさないよう、忘れ物などのフォローも必死でしたし、

どうしたらスケジュール管理ができるか、試行錯誤して、

いろんな方法に挑戦してみたりしてきた。

毎日毎日、

未だに出来ない毎朝のルーティンを、

心折れそうになりながらも、声掛けを続けてきた。

なのに、

はい、そう来ましたか。

人のことをスターリンだとか言っておいて、

そんなこと言うのか。

愕然とした。

ショックとかいうより、

呆れて言葉も出なかった。

まして、これから推薦を取ろうってときに、

思いっきり、「本当はやる気ない」宣言。

バカじゃないのか。

化石のレプリカ作りに高校行くんじゃなかったのか?

先生は冷静だったけど、

「あなたの知らない一面を見ました。」

と。

あーあ、せっかく、

どの教科も、「意欲があって授業態度もよい。」と評価をもらったのに。

これから先生の、ムスメを見る目は変わってしまうだろうな。

なんかもう、進路関係、なーんもやりたくない。

この夏休みには、

学校説明会や、体験会などなど、

いろいろ予定あるけど、

もう私行かんくていいかね??

行きたくないんですけど。

いちいち声掛けするのも、「誘導」とか言われるなら、

もう嫌なんですけど、

全部一人で管理してやってもらえません?

好きでやってるんじゃねーんだよ。

こっちだって。

面談が終わって、

私は喋る気にもならないのに、

ムスメは普通にベラベラとお喋りをする。

『ちょっと、普通に話す気持ちになれない。とてもがっかりした。』

と言うと、ムスメは

「なんで?私、なんか言った??」

『いろいろ言ったね。』

「え、、覚えてない。ただ、無事に終わってよかったって。」

『無事??全然無事じゃないと思うよ。』

「私、なんて言った?」

ムスメがなぜそんなことを言ったのか、、、

ムスメが言うにはこう。

ムスメは、onとoffを分けないと生活できない人で、

学校はon、

家はoff。

特に、ママはoffの象徴。

面談は、

学校にいて、先生もいるからon、

でもなぜか、そこにoffの象徴のママがいる。

それで、onの自分でいればいいのか、offの自分でいればいいのか、分からなくなって混乱する。

混乱して、「とにかくボロを出さないようにしなければ。」

と、思った結果があの発言達だったそうだ。

「私はうまくやり過ごしたと思っていた。」

『やり過ごしたどころか、自分で自分の首を絞めただけだよね。』

「そんなこと言ったつもりじゃなかった。」

『高校行ってやりたいことは別にないって、頬杖ついて先生に言ったよ。あんた。』

『そんな生徒を、一点を争うような高校に誰が推薦するの??』

「○○高校行きたい、、、」

『行きたいなんて一言も言わなかった!親に行かないと捨てるって脅されてるって言ったんだよ。』

『混乱したのは分かる。でも、そういう時に出る言葉って本心じゃないの?』

「本心じゃ無い!そんなこと思ってない!!なんでそんなことを言ったのかわからない!!」

そう言って、わんわん泣き出した。

混乱したのは、たぶん本当だ。

パニックになっていて、何を言ったか覚えていないのも本当。

でも、私だって人間なので、

先生の前であんな恥をさらされて、

全否定されて、

笑っていつも通りにできるほど、徳を積んでない。

でも旦那には、

「お前が手を引いたら、それこそ進路もくそもないぞ。」

と言われた。

分かってるさ。

でも、それでも、

なんか糸がプッツン切れちゃったんだよね。

↓ランキングに参加しています。もしよかったらポチッとおしていただけると有り難いです。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です