中学校へのステップ

私は、子供達が発達障害であることを隠してはいない。

自分からどんどん話したりもしないけど、

きっかけがあったら周囲に話している。

そのためか、ときどき、

「うちも心配なことがあって」

と相談を受けることがある。

6月に入って、続けて数件、

今年中学に上がった子のお母さんから相談を受けた。

中には、前から「ちょっと心配だよね。」と話していた子もいるし、

全然そんな様子もなかった子もいる。

いろんな子の話を聞いていて、

改めて思ったことは、

中学校へのステップって、大変だ

ってこと。

確かに、

ムスメも中学に上がった時はしんどそうだった。

親としてそれなりに覚悟はしていたものの、

いろいろ心配なことがあった。

そこで、改めて、ムスメと一緒に現状に向き合って、

今何がしんどいか

何が苦手か

何に困っているか

よく話をしてみた。

すると、私が気付いていなかったこともどんどん出てきて、

これまでもっと力になってやればよかったと、すごく反省した。

ムスコの癇癪に手を取られているのを言い訳に、

ムスメに関しては、かなり無理をさせてきたと思う。

そう思うと、ひとりでよく頑張ったなと、

褒めてやりたい。

『ムスコが小さい頃、ママ余裕なくて、あなたのことをしっかり見てあげられていなかった。

 それは本当に悪かったと思ってる。』

と話すと、

「別に良いよ。あの頃すごく大変だったのはよく分かってる。」

「今まで何とかなってきたし。」

と言ってくれたが、本当に申し訳ないことをしたなと思う。

もっと子供らしく、いさせてあげられたらよかった。

中学校へのステップ

心配なのは、ムスコだ。

ムスメは、抜けているところは多々あるけれど、

数をこなしたり、難易度の高い物をこなしたりするスペックは低くない。

ムスコは、まず、数をこなすのは苦手だ。

普段の授業はともかく、

試験範囲これだけあります、ドーンって出されただけで、

パニックになるんじゃないかな。

毎日大量の荷物抱えて歩いて学校行って、

多分それだけで疲れて、

授業受けて疲れて、

部活で疲弊して、

また大量の荷物を抱えて歩いて帰ってきて、

それから宿題して、試験勉強とか、、、

発狂するんじゃない??

今は、自分のやっかいな特性が外に出ないように、

学校でものすごーく気を使って、

自分を抑えて、

毎日をこなしている。

中学になって圧倒的に負荷が増えたら、

それも崩れてしまうんじゃないか。

今から考えたって仕方ないけど、

やっぱり心配だ。

ムスメのように、

ある程度自分を出せて、

それも含めて尊重してくれる友達に巡り合えたら、、

少し強くいられるだろうけれど。

親として、やはりいろんな覚悟をしておかなければいけないだろうな、と

改めて思った。

子供が、発達障害なんじゃないかと思うと、

きっと保護者はすごく心配で、不安になると思う。

でも、あくまで私が思う事だけれど、

大事なのは、

発達障害かどうかよりも、

「その子が今何が辛いか」を知って、楽にしてあげること

だと思う。

診断を受けて、薬をもらってっていう過程も大切だとは思うが、

何が辛くて、何に困っているのか、

それを明らかにして、

家族や周囲が理解できれば、

本人も家族も、まず少し楽になれると思う。

そこから、じゃあどんな対策が取れるか、

どんな対応をしたらいいかを模索しくのかなと。

一言で発達障害といっても、

仮に診断名が同じでも、

みんな特性は違って、

一人一人その子に合った対策も違ってくる。

それを見つけるのが本当に大変な作業だけど、

それは発達障害に関わらず、どんな子に対してでも同じじゃないのかなと、

私は思ったりしてる。

↓ランキングに参加しています。もしよかったらポチッとおしていただけると有り難いです。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

新しいTV