学校へ行く意味

先日、あるお友達が、

「子供が学校へ行く意味がないと言って行きたがらない。」

と話してくれた。

発達障害のあるお子さんに、よくあることなのかな?

他でも聞いたことあるし、うちのムスメもそういう時期があった。

特に、IQが高いお子さんによく聞く気がする。

ムスメも、3年生くらいだったか、

「学校へ行く意味がよく分からない。」

と言っていた。

それで行きたくない、とまでは言わなかったが、

本当は行きたくなかったのかも。

ムスメ曰く、

「勉強は家でもできるし、物事を教えてくれる人はママがいる。」

「私の事をなかなか理解してもらえないし、家ならママが理解してくれる。」

と。

そこで私は、まず、日本の「義務教育」についてムスメに説明をした。

次に、学校へ行きたくても行けない子供達が世界中にたくさんいることを話した。

更に、命の危険のある通学路を通って学校へ通う子供達の話をした。

そして、なぜその子たちはそうまでして学校へ通うのか、

なぜ教育を受けられないことが不幸なのか、話した。

最後に、『学校に行かなければできないこともある』と話した。

学校へ行かなければできないこと、

ムスメは最初答えられなかった。

『友達に会って、友達とおしゃべりすること。関係を作ること。楽しいことを一緒にする事。正しい喧嘩をする事。』

『特にあなたは、コミュニケーションを人より勉強しなければいけない。』

『それは本やネットでは身に着かないよ。』

『ママがあなたを理解しても、一生家の中で暮らしていくわけじゃないんだから、人との付き合い方、理解してもらう方法、もしくは理解してもらえなくても生きていく方法を学ばなければいけない。』

理屈人間のムスメは、最初の義務教育だとか、教育の意味だとかにまず興味を示し、

友達とは良好だっため、

後半の友達の話で大いに納得してくれた。

「そっかー!そうだねー!!」

と目をキラキラさせていた。

完全に納得した時の顔だ。

ムスメのようなタイプは、

理屈っぽく、思考がちょっとずれていて、深く、ものすごく真っ直ぐ。

だから、反発や疑問を解消するのは手間である。

ムスメに分かる言葉で(より難しい言葉で理屈っぽく)説明を繰り返し、

全ての疑問を解消するまで絶対に納得しない。

納得しないと前に進まない。

ただ、基本素直なので、

一度納得して身に染みると、

物凄い浸透率だ。

思えば小さい頃から、ずっとそんなことを繰り返して来た。

迎えうつ方は、頭も体力も相当疲弊する。

途中で投げ出したくもなる。

『もー、分かるでしょ!』

と言ってしまいたいが、分からないのだ。

でもおかげさまで、

その努力を続けてきたことで、

ある種の信用をムスメから得たと思っているし、

身に着いたことに関しては、ほとんどぶれることはない。

今のところ、やり方としては間違ってはいなかったかなと思っている。

ただ、私が義務教育の話をしてしまったからか、、

4年生の時、

担任の先生が出張で、違う先生が来られた時に、

授業の進め方が担任の先生と違うので、

ムスメは「いつものようにしないのですか?」と質問したらしい。

おそらく納得いくまで先生を質問攻めにして、

ムスメの特性をご存知ない先生を怒らせてしまったらしい。

最終的に先生は、

「私の授業を受けたくないのなら出て行きなさい!!」

と言われ、

それに対しムスメは、

「私には文部科学省で定められた義務教育による、教育を受ける権利がある。」

「出て行けというのは先生の方がおかしい。」

と、真顔で返答し、更に先生を怒らせてしまった。

ムスメは、先生が怒っていることさえ理解しておらず、

「一つの意見に対して、私の意見を述べただけ。」

先生に対する態度については、

「目上とかよくわからない。同じ人間として、意見交換をしただけ。何がいけないのか分からない。」

とのことだった。

私はこの事件を全然知らなくて、ムスメのお友達のお母さんから聞いてたまげた。

慌てて先生に真相を聞いて、げんなりしたのを覚えている。

ただ、担任の先生も言われたが、

「間違ってないんですよね、、」

「いつもムスメちゃんの言う事は正しいんです。だから注意が難しくて。」

いつも、って、こんなことがしょっちゅうあるんかーい!!

しょっちゅうだったらしい。

幸い、怒らせてしまった先生とは

「一度腹を割ってぶつかったから、今は一番話しやすい先生。」

と、後日言うようになった。

↓ランキングに参加しています。もしよかったらポチッと押していただけると有り難いです。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

怪しい贈り物