怪しい贈り物

先日、夕ご飯を食べようと思ったら宅配便が来た。

身に覚えがなく、

我が家はしょっちゅう間違い配達があるので、

今回もそのたぐいだと思った。

ところが、荷物を確認に出てみると、

お届け先には間違いなく私の名前が記載されている。

誰から?と、差出人を確認すると、

全く知らない個人名と住所。

うーん。

なに?

配達のお兄さんの前で頭を抱えてしまったが、

とりあえず受け取って、リビングに荷物を置き、再び考え込む。

子供達がやってきて、

「誰から?ばーちゃん?」

『それが、知らない人からなんだよ。』

ズササササッ!!

普段あり得ない速さで、ムスメが部屋のすみに逃げる。

「それ、やばいやつちゃうん?」

ムスコ「何?やばいのって?」

ムスメ「開けたら終わり、法外な金銭を請求される詐欺か、もしくは爆弾か。」

ムスコ「えー!!」

ムスメ「こんなご時世だよ!何があるか分からないよ!!」

いや、それは極端でしょう。

でも確かにね。

全然知らない人だし、中身は食品っぽいけど頼んだ覚えもないし、

ちょっと、気持ち悪いよな、、、。

もし間違いの荷物だったら、あけちゃうのも申し訳ないしな。

旦那の関係かな?

でも今忙しい時間だから、電話するわけにもいかないし。

ただね、「要冷蔵」の品で、

ご丁寧に

「お受け取りになりましたら、ただちに冷蔵庫へ移してください。」

的なことが書かれてる。

このまま旦那が帰るまで放置するわけにもいかない。

とりあえず、箱と伝票に書いてあるお店らしき名前を検索してみる。

うむ、京都のお料理屋さん。

知らんな~。

なんか高級そう。

ムスメ「ほら!詐欺だよ!詐欺!開けたら終わりだよ!」

差出人の名前も調べてみる。

するとこちらも、お店の名前が上がってきた。

??のり屋さん?

住所も調べてみる。

同じ市内だけど、お店っていうより、普通の住宅みたいだけど、、、。

ますます謎。

京都のお店との関係も分からん。

もうそれ以上は、なんも分からなかった。

『しゃーないわ。あけてみるか。』

と、私がハサミを取り出すと、

ムスメが錯乱して叫ぶ。

「いやー!!あけないでー!!死にたくない!!」

「ぜってー爆発物か、それか生物兵器だから!!」

もう、仕方ない。

私は、差出人に記載されている電話番号へ電話してみることに。

お店なら、ぎりまだやってるかもしれない時間だった。

ドキドキしながら電話をかける。

すると、「はい、○○です。」と、

差出人の名前の方が電話に出られた。

『大変失礼ですが、そちらはお店か何かでいらっしゃいますか?』

「え?違いますよ。」

、、、、。

店じゃないのかよ、、、。

『そうですか。わたくし△△と言いますが、先程お荷物を受け取りまして。』

「あー!△△さん!ご主人にはいつもお世話になっています!!」

やっぱそっちか、、、

やっぱ旦那に電話すればよかったわ、、、

、、、ってか、誰?

なぜ私宛に送ってきたんだーい?

『それは失礼いたしました。ごめんなさい。私、分からなくて。間違いだといけないと思いまして。』

生物兵器を疑っていたとはとても言えない。

「いやー!ご主人とね。お食事に行く約束をしていたんですが、ほらコロナでね。行けなくなりまして。」

「それで、今度またご主人入院されるでしょ?それも気になっていまして。」

「美味しい物でも食べて元気になってもらおうと思って。知り合いのお店なんで、美味しいと思いますので。」

『そうでしたか。それは本当にすみませんでした。ありがとうございます。』

で、誰?

旦那の入院の事も知っている人って、ほとんどいないはずなんだけど、

誰だよー!

『で、どちらの○○さんですか?』

とは聞けないまま、しばらく話をして、何度もお礼を言って電話を切った。

部屋のすみからムスメが

「どうだったの?」と。

『やっぱりパパの関係の人だったよ。』

子供達、大きなため息をついた。

ムスコ「じゃあ美味しいものだね!あけようあけよう!!」

美味しいものだと分かったとたん、二人とも開封ノリノリ。

私の緊張を返せ。

中身は、なんとも美味しそうな、

日頃の我が家には縁のなさそうな、

京地鶏鍋のセットでした!!

スッポン出汁!!

高級!!

ありがとう○○さん♪

翌日、京地鶏鍋、有り難く有り難くいただきました。

鶏も、おネギも、水菜も、全部美味しかった✨

シメのスッポン出汁おじやも絶品だった!!

ムスコは、「コラ~ゲン~♡お肌すべすべ~♡」と言いながらお出汁をがぶがぶ飲んでた。

これ以上頬っぺたプルプルにしてどうするんだ。

一体、、、。

○○さんに電話した後、

慌てて旦那に電話した。

『○○さんって人から荷物が来て、これこれでこういうことらしいよ。』

『子供達が怯えるから、私電話しちゃったよ。お礼の電話するとき、よくよく謝っておいて。』

『で、○○さんって、誰?』

すごく偉い人だった、、、。

↓ランキングに参加しています。もしよかったらポチッと押していただけると有り難いです。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

公衆電話

次の記事

学校へ行く意味