目先のことしか見えない

火曜日。

ムスメは体育大会の予備日でお弁当だった。

(今度はちゃんと朝から準備してたわよ)

それが面白くない人が若干1名。

ムスコだ。

「ねぇねママのお弁当ずるい!!」

と、起き抜けに怒り出す。

『いやでもさぁ、ムスコは給食じゃん?今日はなんだったかなぁ~。』

「ずるい!!」

「ねぇねだけずるい!!」

地団太を踏み始める。

あ~、早めに納めないと癇癪行きだ。

いつも目先のことしか見えず、自分の感情と利益に捕らわれるムスコ。

『2週間後にあんたお弁当じゃん。一緒じゃんよ~。』

「◯くんは!今ママのお弁当が食べたいの!!」

はぁ~

『じゃあ今からもう一個は作れないから、あまりのおかずとご飯で朝ごはんにしたら?』

しばらく考えてムスコ、

満面の笑顔

「そうする~!」

といって、鼻歌を歌いながらお箸やら準備にかかる。

『あんまり好きなものないかもよ』

「いいのいいの。ママのお弁当は全部美味しいの!」

でもさ、ムスコ、言っとくが、ねぇねのお弁当だからね。

ねぇね好みの、「地味弁」だからね。

知らないよ。

すっかり上機嫌のムスコの目の前に、ムスメのお弁当の残りを出してやる。

ムスコ、固まる。

「、、、これだけ?」

『だから言ったやろ?ねぇねの好きな物なんだから、嫌なの?』

ムスコは無言で、おかずを睨みつけている。

やがてご飯の方をすごいスロースピードで食べつつ、

「ねぇね、これ、大好きやろ?食べなよ。譲る。」

いい人を装って逃げようとする。

ムスメ「あんたが欲しがったんだから、ちゃんと食べ。

バッサリ切られる。

そしてキレる。

「聞いてない!おれは聞いてない!これしかないなんて聞いてない!」

そして泣く。

「うっ、うー、、」

きっと、大好きな卵焼きやウィンナーがあると思ったんだろうね~。

今回はおからリメイクおやきと、レンコンのきんぴらしかなかったもんね~。

普段なら、好き嫌いはほとんどないので、嫌がらず食べるメニューだが、頭の中でおそらく卵焼きとウィンナーになってたんだろう。

ご飯だけ食べながら、ものすごいどよ~んオーラを放つ。

『もう!じゃあママの食パン食べなよ!(うっとうしい!!)』

「それはママのやからぁ~、、。」

「やだよ~、このおかずやだよ~。」

朝から気悪い!!!

『なんも考えんといっつも欲しい欲しいばっか言って!』

『もうママは気悪いから食べない!ママのパン食べるなりなんなり早くして!』

『もうこんなおかず捨てる!!』

と言って地味弁の残りを取り上げた。

ムスコは無言で私のパンを食べ始め、

私が取り上げたおかずをムスメが奪い、

「捨てるなんかあかん。私が食べる。」

『お弁当とかぶるよ』

「いい」

と言って食べてしまった。

食べながら、

「あ~美味しい!こんなに美味しいものをいらんとかって泣くやつ信じれん。」

的な嫌味も忘れず。

もう少し、空間的にも、時間的にも、広く物を見れたらこんなことにはならないだろうに。

なんで、見えてるもの、見たいものしか見えないんだろう。

その傾向はムスメにもあるけど、ムスメの場合ただ見えないことが頭に入らないだけだが、

(それでも人に迷惑かけまくりだけど、、)

ムスコの場合は妄想やら感情やらがぐちゃぐちゃに入り交ざって、怒りに変わってしまう。

これは、コントロール出来るようにならないと本当にマズイ。

旦那が、この傾向よく似てる。

それで散々ひどい目にあった。

一旦血が上ると、周りから何を言われても全く響かないから、

迷惑しかない。

今はまだ、子供で、私達の統治下にあるため、あの手この手で押さえることができる。

できないときは待つしかないが、まだ子供だから許される。

本当はとってもとっても優しいムスコ。

なんとか怒りのコントロールを身につけさせてやりたい。

遊びの帰りに私に摘んできてくれた野花

↓ランキングに参加しています。もしよかったらポチッと押していただけると有り難いです。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

体育大会。聞いてない。

次の記事

結構綱渡りだった