ムスメ、役に立つ

本当に暑いですね。

毎日この中を、大量の荷物を担いで学校へ通う子供達。

皆が体調を崩さないよう、心から願います。

先週の事、ムスメ、部活帰りに、部活の仲間たちと共に帰路につく。

数百メートル行ったところで、仲間の一人が座り込んでしまったらしい。

こういうとき、必要な情報を的確に呼び起せるのは、AIムスメの優れたところだ。

熱中症と判断したムスメは、仲間を日陰へ移し、

服は体操服だったので締め付けなし。

その場所が緑道で、たまたま近くに水場があったので、

男の子たちが水を汲んで霧状に仲間にかける。

水を含ませる。

皆の手持ちのタオルを集め、濡らして、わき等、大きな血管の側を冷やす。

そこまでしてから、ダッシュで先生を呼びに戻る。

しばらくして先生が駆けつけ、「完璧な応急処置」と褒めてもらったそう。

もちろんムスメが一人でやった事ではないが、

自分の知識が役に立った、友達を助けることができた、

ついでに先生にも褒められた、

と、嬉しそうに帰宅した。

翌日彼(具合に悪くなった友達)は元気に学校に来ていたそうで、私も安心した。

学校では実に不当な扱いを受けている科学部。

やるじゃん。

そのチームワークの良さに改めて感心。

素敵な仲間たちでよかったなぁと、改めて思った出来事だった。

ムスメの頭の中の情報は、どっかから出てくる、とかではなく、

頭の中に図書館のようなものがあって、きちんと整理されているらしいのです。

情報ごとにファイリングされて、この場合はこの分類のこのファイル、というように、

瞬時に場に応じたファイルを取り出し、情報を紐解くのだそう。

たまにそのファイルがなかなか見つからないときは、まさしくフリーズした状態。

またしょっちゅうその分類を変えたりもするので、ときには混乱してぐちゃぐちゃになるのだそう。

私もその図書館欲しい。

↓ランキングに参加しています。もしよかったらポチッと押していただけると有り難いです。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です