ピアノで感情表現を

最近また癇癪がひどいムスコ。

それに加えて、どうやら反抗期も始まったか。

癇癪がひどくてどうしようかと思ってた先日の病院で、

親の思いとは一線を画し、

「俺ね、最近、嫌なことは嫌って言えるようになった。」

と、前向きな発言をするムスコに愕然とした。

反抗期は必要だし、それはそれでいい。

嫌なことを嫌と言えることは大事だ。

でも、あんたの癇癪、そういう次元じゃないよね、、、。

起きるの、嫌

新聞取ってくるの、嫌 (家族で決めたムスコの役割)

宿題、嫌

ピアノの練習、嫌

片付け、嫌

お風呂、嫌

歯磨き、嫌

寝るの、嫌

要するに食べることと遊ぶこと以外は嫌だと。

しなきゃいけないことも嫌だと。

オレは好きな事しかしないと。

それは、

「嫌なことを嫌って言えるようになった」

とは違うんじゃないかい?

当然、この「嫌」の度に激しい癇癪。

なので、夕方から夜までずーっとその対応に追われ、家事もままならないし、ムスメの方に気を配る余裕なし。

おかげでムスメは忘れ物や遅刻ギリギリが増えてきている。(本来はムスメが悪いのだが)

癇癪の度、めちゃくちゃ頭にくるし、血管切れるんちゃうってくらいイライラするけど、

叱ったところでなーんも意味ない。

できるだけ落ち着いて、落ち着かせて、話をするしかない。

もう私も旦那も、ボロボロだ。

神でも仏でもない、生身の人間なので、、、。

そんなムスコが、昨日の夕方はハイだった。

機嫌が良すぎて全く指示は入らないが、それでもずっと喚いてるよりは楽しそうでましだ。

お友達(♀)の歌を造ったんだと、嬉しそうにピアノで弾いて歌っている。

その歌に、ムスメがどはまりし、私も笑ったので、

家族にうけて更に気を良くしたムスコは、変調バージョンやゴージャスバージョンなど、いろんな「○○さんの歌」を弾いていた。

しかし、そろそろお風呂に入って寝る準備をしなければいけない時間。

夜のピアノも近所迷惑。

そこで、私が『ムスコー、そろそろお風呂に入り~』と言った。

瞬間、楽しいリズムの「○○さんの歌」が一変し、

「ベートーベン 叫び」とでも名前が付きそうな絶望感たっぷりの壮大な楽曲が聞こえてきた。

お風呂に入りたくない気持ちを、曲にしているのだ。

家族バカうけ。

でも、曲は、よくできている。

それは素直に凄いと思う。

荒れ狂う心を鍵盤に叩きつけたかと思うと、次は憔悴して哀愁のただようメロディ、ふと、希望をのぞかせる音、しかしやっぱり荒れ狂う心。

感心。

が、しかし、

この曲が終わるとお風呂に入らなければいけないので、いつまでたっても曲は終わらない

第一楽章から二楽章、三楽章へ。どこまでも。

そして20分ちかく弾き続けたので、

『あと5分で終わらなかったら明日の朝ご飯なしね』

というと、

壮大な楽曲「叫び」は、「じゃららららん、じゃん」であっさり幕を閉じた。

結局、いつもなら癇癪を起すところだが、癇癪は起きなかった。

びっくり!!

ずっと私が思い描いてきた、

癇癪やパニックの代わりに「ピアノで感情表現する」が出来たのではないか?

だとしたら、嬉しいぞ!!

癇癪やパニックは、自分も周りの人も傷つき疲弊する。

だから苦しい時、辛い時、イライラするとき、

ピアノで、気持ちを曲にかえることで吐き出して、少しでも感情のコントロールにならないか。

そうなってほしい。

それこそが、どんなに大変でもこれまでピアノを続けさせてきた理由だ。

これから先もいろんな人と出会うムスコが、

癇癪で人を傷つけるようなことがあってはならない。

とはいえ、我慢だけでは自分が壊れてしまうから。

ちょっと変な人でもいいから、負の感情は音にしよう。

もちろん嬉しい時も、その気持ちを音に乗せよう。

そうしてムスコの中に渦巻くいろんな気持ち、行き場のない気持ちを、浄化しよう。

スペシャルな音の世界を持ってるキミなら

きっとできるよ。

↓ランキングに参加しています。もしよかったらポチッと押していただけると有り難いです。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です