王蟲ライス

ジブリ好きは多分遺伝する。

ムスメは、旦那が好きな「トトロ」が好きで、

ムスコは、私が好きな「ナウシカ」が好き。

「トトロ」好きは、「ナウシカ」を見て、

「まぁ面白いけど~」みたいなさらっとした感想しか持たないのは我が家だけ?

私は多分、「ナウシカ」の台詞をほぼほぼ覚えているので、

ジブリ好きあるある

誰かが間違ったセリフを言っていると許せない。

なので、いつも旦那にキモいと言われる。

(私よりずっとずっと映画が好きで、生まれてもない頃からの映画の監督から俳優から覚えているあんたも充分キモいぞ)

ナウシカをリスペクトし過ぎていて、

昔、知人に、

「君は自分の周りで何か起こったら、ナウシカのように喜んで犠牲になりそうだから怖い。

 もっと自分を大切にして。」

と言われた。

当時の私にとって最大限の褒め言葉だったが、「やめてほしい」という意味だったらしい。

そんな大好きな「ナウシカ」を、久しぶりにムスコと観た。

何度見ても、やっぱり心に突き刺さるものがある。

淡々とストーリーを頭に入れていくムスメと違って、

ムスコは、登場人物一人一人の感情に敏感に反応する。

特に、王蟲やテト、生き物への感情移入が強い。

そういえばムスコは、虫は大の苦手だが、唯一ダンゴムシだけは大好きなんだ。

映画を観てから毎日、ムスコが「ナウシカ」の曲をピアノで弾いている。

オープニング、レクイエム

私にとってはなかなかいいBGMになっているので、

お返しに、ムスコが憧れていた「王蟲ライス」を作ることにした。

とはいえ、思いつきだし、リアルを追及するとグロくて食べにくくなるので、

即席の奴で。

あ、目がずれた

皿の都合上触手が縦に置けなかった。

本気でやるなら、卵液にホウレンソウのミキサーしたのとか混ぜて、えぐい色にするらしい。

王蟲の目の攻撃色も、本当は赤の中に黒があるので、海苔でもはろうか迷ったが、

海苔もなかったので潔く諦めた。

そんなわけで、いろいろ残念だったけれども、

ムスメもムスコもとても喜んでくれたので結果オーライということで。

速攻形なくなって王蟲いなくなったけどね。

絵が大の苦手だった幼稚園の頃に描いた王蟲
何か分かるものを描いただけで嬉しかった。

ちなみに、私は「平成狸合戦ぽんぽこ」も大好き。

みんなあの映画を「コメディ」だと言うけれど、私は観るたびに涙が止まらなくなってしまう。

ムスコは、「アリエッティ」や「マーニー」も好き。

時々ピアノで弾いてくれるのが楽しみだ。

あ、「かぐや姫の物語」も私は大好きだが、かぐや姫の曲は弾けるのに絶対に弾いてくれない。

特に、最後の「天人」が迎えに来るときの曲

あれは「何故か分からないけど怖い」そうだ。

映画作成の際、監督は久石さん(作曲家)に「感情の全くない曲を」とリクエストしたらしい。

ムスコの反応を見て、改めて、久石さんは偉大だと思った。

↓ランキングに参加しています。もしよかったらポチッと押していただけると有り難いです。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

タニシ一悶着