できないんです。

ムスコは学校から帰ると、カバンを置く前からドーっとその日あった「嫌だったこと」を話してくる。

その後で、いいことがあればちょろっと話してくれる。

たいていいつもは大したことではなく、納得はできなくても、聞いてやればそれで次に進める。

なので私も、あまり構えず「ふ~ん」と聞いている。

が、今日のはちょっと違った。

私も、聞き流せなかった。

ムスコのクラスに、一週間に一度だけ来られる先生がいらっしゃる。

たぶん、担任の先生が新任なので、そのサポートとかだと思う。

そのサポートの先生(S先生)が、たまたまムスコのすぐ後ろにいつもいらっしゃるそうだ。

非常にS先生には申し訳ないのだが、ムスコは、S先生の「声」がダメらしい。

大きいのと、どうも合わない周波数らしく、耳が痛くて辛くて仕方ないらしい。

まあこのことは、イヤーマフつけさせてもらえばいいんじゃないかと思うけど、

ムスコの話は続いた。

「先生に提出する紙(プリント)があんねん。折って出さなあかんのやけど、おれ、上手に折れんやん?」

ムスコは今でも、紙をきれいに半分に折ることができない。

これは、認知と運動機能の障害だ。

「おれ、一生懸命やっててん。なのにな、S先生が来て、

『これは何年生の折り方ですか!!』って、でっっかい声で怒られた。」

うわ、それはあかんわ。

「だからおれ、また一生懸命やってん、何回もやってん、でもできんくて、それで仕方なく出したんやけど、、」

「そのせいでお帰りの準備がみんなより遅れてしまってん。」

「みんなもう廊下にならんどって、おれ、頑張って準備しとったのに教室に一人で、

そしたらS先生、みんなには

『早くに準備できましたね!さすが3年生。えらい!!』

って言ってん。」

「おれ、泣きそうやった」

と。

あぁ、これはちょっと、ムスコにはきついなぁ。

おそらくS先生は、ムスコの障害をご存知なかっただけだ。

だけど、ムスコにとって、できないことを怒られたことも、自分だけのけものでみんなだけ褒められたことも、どっちも堪えたはずだ。

ムスコが「先生に話してほしい」と言うし、私も一言言っておかなければと思ったが、

連絡帳に書くべきか、学校に電話すべきか悩んだ。

ムスコは、「ママが学校に電話すると、また時間がいっぱいとられちゃう」と言ったが、

文章で書いても伝わりにくい気がした。

悩んでるうちに、ムスコは「こどもSOS」の紙を握りしめて、

「ここにかけてもいい?」と言ったので、

『いいよ、隣にいるからかけてごらん』

と言ったが、結局勇気が出ず。

ならばと思い、

『ねえムスコ、ママが学校に電話してあげるから、あなたが先生に話してみたら?』

と言ってみたら、

ムスコは「えー、無理無理」

でも『ママが話すより短いだろうし、先生にあなたの気持ちがよく伝わるかもよ』

と言うと、少し考えて、

「やってみる」と。

電話をすると、担任の先生(T先生)は何かしら心当たりがあったようだった。

ムスコに代わって、ムスコが話しているのを聞いて、

「うんうん、そうだね、そうだね。先生もそう思ったんだ。うまく声をかけられなくてごめんね。

プリントは、全然あれで大丈夫だから。先生わかってるから。ちゃんとS先生に話しとく。辛かったね。」

と電話の向こうから聞こえた。

ムスコは、

「先生今日ね、紙折って出したやん、S先生に『何年生の折り方ですか!!』って怒られたけど、おれさ、、、」

とそこで言い詰まり、なかなか次の言葉を口にできないでいた。

しばらくの沈黙の後、少しだけ声を震わせて

「障害だからできないねん」

と言った。

この一言を言うために、ムスコの頭と心はどれだけ痛んだのかと思うとちょっと辛かった。

でも、頑張って、言いたいことを言えた。

よく頑張ったと思う。

たまたま、そのときS先生がT先生の横にいらっしゃって、いきさつを聞いて、すぐ電話を代わってムスコに謝ってくださったようだ。

どんな話をしたのかは分からなかったが、

電話を切った後、ムスコはすっきりした顔をしていたので、自分から話をして良かったのだと思う。

自分の弱みについて話すのはしんどいことだが、特に見た目ではなかなか分かってもらえないこの子達にとって、

「これが苦手です。」「これはできません。」「それは辛いです。」

この類の言葉は、言えないからこそ言えた方がいいのかなと思う。

もちろんその逆の

「これができます。」「それは有り難いです。」

などもそうかも。

イヤーマフは検討してもらえることに。

去年もOKだったから、大丈夫でしょう。

でも、声がダメだからってあからさまにイヤーマフしてるのも、なんだかS先生に申し訳ないけど、、(笑)

そろそろムスコが帰ってくる時間。

今日は何の愚痴から始まるかな。

↓ランキングに参加しています。もしよかったらポチッと押していただけると有り難いです。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

うどん