ちぐはぐ

ムスメは、自分の身辺に関心がない。

例えば、髪がはねていようが、服が後ろ前逆であろうが、ニキビがひどかろうが、全く気にしない。

加えて「寒暖、痛みに鈍い」ので、いつもため息の出るような姿で部屋から出てくる。

最近急激に暑くなり、私も家では半袖半パンで活動している。

ところがムスメは、分厚い下着に真っ黒のタートルネックのセーター、明らかに冬生地のパンツ、、。

もう見ているだけで暑苦しくて仕方ない。

おまけに上と下は完全にちぐはぐだ。

『頼むから、その格好で外に出ないでね』

と言うと、首をかしげている。

「着てるからいいじゃん。」

そういう問題じゃない。

おまけに身長も4年生から止まったままなので、数年前の服がいつまでたってもサイズアウトしないわけだ。

どう見ても幼いデザインのものを、表情ないから老け顔で着続けている。

「着れるからいいじゃん」

まぁね、それはそうなんだけどね。

もう流石に色あせてるしさ、新しいの買おうよ、、

さらにおまけに、買い物が嫌い。

目眩がするらしいが、これは私もそうだったので分かってやれる。

でも、でもだよ。

「いいじゃん、気に入ってるんやから。これがいいんやから。」

はい出た、いらんこだわり。

先日、ムスコが旦那とランニングから帰ってシャワーを浴びた後、

「着がえ出して―」

と言ったのだが、私は手が離せず、つい

『ねぇね手空いてる?出してやって。』

とムスメに振ってしまった。

数分後、ムスメに振ってしまったことを激しく後悔する。

ムスコは、上こそ半袖だったが、冬仕様の長ズボンを履いていた。

ムスコといえば、保育所のときから、ダントツぶっちぎりで、

「汗かき学年№1!!」

「帰りにスモックを着なくてもいい特例」唯一取得

そのムスコに、冬のズボンを履かせるとは、、、

自分で頼んでおきながらだが、、

『なんでそんなの着せてるの!?あんた(ムスコ)もなんでそんなの履いてんだよ!!』

と二人に切れてしまった。

↓ランキングに参加しています。もしよろしければポチッと押していただけると有り難いです。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

登校始まる

次の記事

ムスメの努力