安心しろ

このところ体調も悪く疲れていた。

昨日の血液検査は血管出なくて看護師さんにご面倒かけてしまったし。

いろんなことに疲れていた。

難病+障害+一人暮らしになっちゃった母のこととか、認知症+首から下がほとんど動かなくなっちゃった父のこととか、もちろんムスメ、ムスコ、旦那、、、

我が家は病気のオンパレードなんで、慣れてるけど、こうなってくると私ができることも、してあげられることも限られてきてしまう。

今朝ふと、新聞の折り込みチラシに「介護付き老人ホーム」のチラシを見つけた。

よく見るやつだけど、今日はなんだか本気で『何才から入れるんだろう』なんて思ってしまった。

あ、入りたいのは親でなくもちろん私。

いいことばっかりチラシには書いてあって、もちろんそれだけではないんだろうけども、、

施設内に運動場や趣味のサークルがあるのはもちろん魅力だし、普段はできるかぎり自立した生活をして、しんどい時にはご飯作らなくてもいいとか、いいなぁ。

今の生活は、どんなに体が辛くても、ご飯に洗濯、最低限の掃除、、休めない。

それも家族の様子を常に伺いながらだから、疲れるんだこれが、、。

旦那は仕事忙しいし、親も近くない、っていうかそもそも頼れない。

要するに、代わりがいない。

もちろんそんなこと、私だけ特別ひどいわけじゃなくて、多くの方が同じ思いをされていると思う。

今朝も、旦那が「ママはフラフラだから、考えて行動するように」と出かける前に子供達に話していたけれど、

大事なプリントをなくしたムスメが逆切れ。

余裕のない私もまともに受け流すことができず、大事な書類を投げつけ合うほどの喧嘩に発展させてしまった。

『もうこういう施設で、安心して暮らしたいなぁ。』

すると旦那が

「俺は絶対こんなところ嫌だから!」

と睨む。

『、、、、』

『誰がオメーと一緒に入ると言った?』

『安心しろ、あなたと一緒に入るつもりは毛頭ない。』

旦那がこういうとこ嫌いなことくらい分かってる。

何より、平安を求めてこういうところに移住して、まだ誰かのお世話しなきゃいけないなんて、意味ない。

いつも、

「60までに死ぬ」

とか

「老後はひとりで自由に暮らす」

とか勝手な事言ってんじゃん。

経済的なことはこの際妄想で補うとして、もう老後は別居でもいいじゃん。

ずっと「縛られてる」って思われてるの、やだし。

もともと自由に自分の思うようにするのが好きで、共感性低いんだから。

私も一人で、安心していられるところに行くから、仲良く円満別居でいいじゃんね。

なんか旦那の、「また俺の気持ちや意見を無視して、大事なことをお前が勝手に決めるのか」的な視線が、悪意がないのは分かっていたけれど、余裕のない私は頭に来てしまったのだ。

ごめんなさい。ただの愚痴です。

でも本当に、老後のそういう別の生き方もいいなと思う。

旦那は、さっきも書いたように「自由でいたい」人だから(そもそも本人も認めているように結婚に向いてないと思う)

もういい、ってとこまで好きな仕事をやりきったら、あとは自由でいいんじゃないかね。

体は心配だけど。

そいで私は子供達とも連絡のつきやすいところでのんびりと、、、。

まずは資金から考えよう、、、。

↓ランキングに参加しています。もしよろしければポチッと押していただけたら有り難いです。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です