ムスコとピアノ

子供達は二人とも、赤ちゃんの頃から「音楽」が好きだった。

子供番組を見ながら生き生きと歌って踊るタイプ。

初めから「ピアノ!!」なんて思ってもいなかったが、「感受性のある、音楽を楽しめる人」になって欲しかったので、ムスメが1歳頃から音楽教室に行かせたいと何となく思っていた。

しかし、当時住んでいた場所には、1歳2歳は午前中の教室しかなく、働いていた私には無理だった。

3歳になって引っ越して仕事もやめたので、いざ!と思ったら、山を越えていかないと教室が無かった、、。。

当時は山を越えてでも行く!という気迫が私になかったので、次にムスメが興味を持った英語教室に行くことになり、音楽教室は諦めた。

ムスコも、ムスメ同様音楽が好きそうだったが、ムスメと一つ違うと感じたのが、「1回聞いた曲をすぐ覚える」こと。

2歳になって映画にはまると、メインタイトル以外の挿入曲でも、「好きだ」と思った曲はすぐに覚えてしまった。

しかもなぜか、オペラ座の怪人の曲が大好きだった。

『音楽教室、ムスメは残念だったけど、こっち(ムスコ)かも、、』

そのうち、某音楽教室のCMを見て、自分から言ってみたいと言うようになった。

幼稚園に入る直前に体験レッスンを受けてどはまり。

早速、入会することに。

私は音楽経験ゼロなので、家での練習どうしたらいいんやろうとか、いずれ楽器をちゃんとしたの買わなきゃいけないよな~とか、いろいろ不安はあったが、鍵盤に親指をあてて「ド」を弾いて目を輝かせているムスコを信じてみることにした。

それから丸4年。5年目に入った。

いろいろあった。

そりゃ~、いろいろあった。

けど、ムスコは今も教室通い頑張っている。

始めは「音遊び」みたいなところから始まって、だんだん曲になって、気付いたら両手で弾いていて、いろんな音を取るようになり、入会した時には『こんなの弾けるようになるのかなぁ』と思っていた曲を弾いている。

小学校に入ったら、楽器をピアノに選んで、レッスンもより本格的になった。

自宅のキーボードも、電子ピアノに買い替えた。

3年生の現在は、ほぼ(たぶん)絶対音感がついていて、寝てるか遊んでるかしゃべってるとき以外はドレミで歌っている。

もともと感覚過敏で音には敏感だったが、いい方にも作用するようになったということか。

映画を観た後に曲を再現したり(自分の技量のできる限りで)、音楽の時間、皆がやっていることに勝手にオブリガードをつけたり、特に気分のいいときは作曲したり。

好きな作曲家は、やっぱりジョン・ウィリアムズ!!

ムスコの音楽の世界はどんどん広がっている。

もう、私なんか全然追いつけない。

ただね、

ものすっご~い、練習嫌い

インスピレーションで弾くのは全く苦にならないのに、レッスンの練習となると、途端にパニックか癇癪、、、。

もう大暴れですよ、、。

そして楽譜が読めない。見ない。

だから練習にはどうしても私がついていなければいけなくなる。

今でこそ、一段ずつ数えて、何の音かくらいは読めるようになったが、四分音符なのか二分音符なのかの区別もつかず、一人でやらせると非常に残念な感じの曲が出来上がってしまう。

決められたことをやるのが嫌なのか、間違えるのが嫌なのか、誰かが監視してるみたいで嫌なのか、もうよく分からん。

ただ、好きに弾きたいってことだけは分かる。

加えて、筋肉伝達の障害もあるので、ムスコにとって「強さ」のコントロールはかなり難しい。

だから決して「ピアノがうまい」わけではないのだ。

けれどどういうわけか、こんな激しい気性のムスコなのに、作曲する曲はとても穏やかで、癒されるような曲が多いのが不思議。

しかもそういうときは、「強さ」の加減も自然と表現できていて、激しいところ、優しいところ、流れるようにちゃんとできているからまた不思議。

やっぱり、「感覚」でしか弾けないのかな。それもいい、天才みたいで((笑))

先日私のために作ったと言っていた「子守歌」は、本当に優しい曲だった。

「ママがよく休めるように」作ってくれたそうだ。

ピアノの練習では、さんざんムスコとぶつかって、何度も鬼になった。

でもやっぱり、私は息子が弾くピアノが好きだ。


ムスコとよく似た子や、いろんな子の思いが書かれていて、ムスコをサポートすることへ前向きになれた一冊!!

余談だが、ムスコの電子ピアノが来てから、なぜかムスメも弾いてみたくなったという。

『いいよ~、好きにやってごらん。』と言ったところ、

「何を弾こうかな~」と電子ピアノに入っているデモを聞きながら、

「あ!これ好き!弾いてみよう!」

ムスコ同様耳コピで何回か弾いて、カノンを完成させやがった。(決してうまくはないけれど)

その後も、トルコ行進曲に子犬のワルツ、、、

(やっぱりこっちもやらせておくべきだったのか!?あのとき山越えをしていれば!!)

ランドセルに着けておくだけでいつでも居場所が分かり安心「soranome(ソラノメ)」 A8.net

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

発表会とグレード