シャットアウトとシャットダウン~ムスメの場合~

シャットアウト

ムスメは、ムスコほどはっきりとしたシャットアウトは無いように思う。

小さい時あったかな?

忘れたな。

現在は、ムスコが癇癪を起し始めたりすると、さっさと自分の部屋に逃げて籠る。

しいて言うならこれか。

ただ、そのために、ムスメにとって自分の部屋は唯一安心できる場所であり、その「場所」に対するこだわりがひどくなった。

まず「小学生=ウィルスや細菌のかたまり」だと思っているため、ムスコは何があっても入れない。

うっかり一歩踏み入れようものなら、般若のように怒り狂い、罵声を浴びせ、力ずくで部屋から排除する。

私は入ることはできるが、スリッパでなければならない場所と素足でないといけない場所などが決められている。

だけど机の上は非常に汚い。全く整理されず、消しカスだらけ。

ムスメ基準では消しカスは汚いものではないからOKなのだそう、、

基本はムスメの部屋には掃除機以外手を付けないようにしているが、何度かの注意喚起をスルーされ、あまりにひどいときには掃除する。

帰宅したムスメはパニックになる。

やったのが私でなく旦那だったりすると、もはや号泣。

私は「きれい、汚い」の感覚が近いから、まだ我慢できるらしい。

私もムスメと同じ強迫性障害があるので、言いたいことは分かる。

が、一見自分勝手なので、分かっていてもとっても腹が立つ。

シャットダウン

ムスメのシャットダウンは、とっても分かりやすい。

が、危ない。

見た目が。

ムスメにとってのシャットダウンも、ムスコと同じ機能停止ではあるが、ムスコがキャパオーバーで停止するのと少し違うみたいだ。

ムスメは、起きている間中、脳のあちこちを使い続けている。

これを言葉で表すのは難しいが、とにかくずっと「考えている」のだ。

何も考えていない、何もしていない時間がない。

脳をずっと動かしているのは、私も同じ特性があるのでよくわかるのだが、かな~り疲れる。

「頭を休めよう」と思っても、自分ではそれができず、また動かしていないと精神のバランスが取れずに不安になったりする。

特にムスメは、ただでさえ動き続ける脳みそに、新しい刺激が加わったりすると、更にその刺激についての分析を始め、連想ゲームのように浮かんだことについてどんどん分析し続けるというやっかいな特性だ。

そうしているうちに、いろんな種類の情報が頭の中に充満するようになる。

ムスメが言うには、普段は、頭の中にでっかい図書館があって、情報が全部ファイル分けされて、必要な時にすぐ取り出せるようになっているらしい。

しかし、情報が充満するスピードが速かったり、逆に自分の覚醒が今一つの時だったりすると、情報処理が追いつかなくなるのだと思う。

そこで起きるのがシャットダウン、ムスコの「フリーズ」ではなく、一旦脳を止めて整理するための「再起動」ではないかと思う。

ただ、その姿はどう見ても「魂抜けてる危ない人」にしか見えないので、極力家以外ではやらないでほしい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です